記事一覧

すう、躁うつ病なんだってよ。

またまたまたまたブログをサボっていたすうです、こんにちは。
特に理由はなくて、強いて言うなら、今、結構いろんなことで頭がいっぱいいっぱいなので、ブログまで気が回らなかったという感じです。
全体的に私、余力がないので。

さて、ダンスの方はマイペースに楽しんでいて、明日は日本インターを観に行きますよー。わくわく。

な気分に水を差すような話題に突入しますが、私、今日、衝撃的なことを主治医に言われました。

あなたは、躁鬱病と言ってもいいかもしれないねー。

ええええええ?
こ、こんなにデフォルトでテンション低くて、人生で一度も浮かれたことがないくらいの勢いの私が?
いつもいつも自信がなくてネガティヴで、万能感?何それおいしいの? な私が?
いつ?
いつ、躁状態になったの?

「私、そんな、うわーってテンション上がったりしないですけど…」

専門医の診断をソッコー否定する素人丸出しのすう。

「躁鬱病(正確には双極性障害)には、I型とII型があって、II型の場合、躁状態がフラットくらいなんだよ」

無知な私に懇々と言い聞かせる主治医。

躁状態=普通の状態ということは、私の普通は普通の人が落ち込んだときくらいで、うつ状態のときは、それよりさらにずどーんと落ちた状態ってことかな?
私が、今日はまあまあ元気だわーっとときは、躁状態ってこと?

いやいやもはやそんなことよりも、とてもとても重要なことがあるんです。
それは、私の拙い知識によると、うつ病は治るけど、躁鬱病は治らないということ。

まあ…実際、治らないらしい、です。少なくとも私の場合は。
私は元々そういう素因を持っていて、若い頃は、気力体力でごまかせていたけれど、もう身体がついていかなくなったのだと。
だからこれからやるべきことは、低め安定を目指して、アップダウンをコントロールして、うまく付き合っていくことだと。

うーん、ショックはショックですが、一方で、ちょっと納得した部分と、安堵した部分があります。
私はこれまで、適切な治療を受けて頑張れば、30台前半くらいの、元気で、仕事も趣味も勉強もバリバリやれてた自分に戻れると思っていて、どうして何年経っても治らないんだろう戻れないんだろう…っていうのが、ストレスになってたりしたんですよね。
でも、あのときの自分は超絶頑張って無理を重ねていただけで、そこに戻ろうなんて物理的にも精神的にも無理だし、戻る必要なんてないんだな、と思ったら、気持ちが少し楽になりました。

病気認定されてからの私は、ものすっごく高くて、絶対無理なゴールを掲げて頑張っていたようです(だから頑張らないのが一番の治療だって散々言われたのに…)。
設定目標がまず間違ってた。文系のくせに、将来の夢は宇宙飛行士です、とか言っちゃうくらい現実と乖離してた。

ようやく、今さらそれに気づいた私は、昨日よりまた少し、成長しました。
うん、とりあえず、ふらふら踊ってても大丈夫ってことだな。むしろたくさんの人と接しなきゃなんない社交ダンスなんてものを趣味にできてるだけで上等ってことだな(笑)

そう思って、また明日から頑張ろうと思います。(だから頑張るなって散々…)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
スポンサーサイト

プロフィール

すう

Author:すう
2012年夏から体調悪化を自覚するも、無視して仕事を続けた結果、やがて仕事へのやる気を失い、2014年5月発作的に退職。
2015年2月、それらの行動の原因が、上司からのパワハラ、セクハラを主原因とする「うつ病」だったことが判明しました(気づくの遅すぎ)。
現在、社会復帰を目指して完全療養中のアラフォー専業主婦です。

カウンター

ランキング