FC2ブログ

記事一覧

残念だよ…。

春の気圧変動はきついですね〜。ていうか、いつの季節も同じこと言ってますね。とことん日本の気候が肌に合わないすうです、こんにちは。

さて、ここのところ、ダンス習っても楽しく遊べる場所がないじゃんかーという文句たらたらの記事をたれ流していましたが、今日は目先を変えて別の話を。
いや、まったくもって個人的な話で、毒にも薬にもならない愚痴ですので、お聞き流しください(笑)

まったくの余暇の趣味で習っているダンスですが、別になんの行動も起こしていないのに、一緒に競技を目指してみませんかと言ってくれる人が現れました。
正直、今からかよ? と思いましたが、聞けば、アマチュア競技年齢の中でも私は若手らしいです。まじか……。
それはそれで、楽しいかもなあと思ってみたものの、いろいろ懸念材料はありました。

まず、私は健康体ではない。よって、無理はきかない。はっきり言ってダンスホールで踊りまくる大先輩方より、体力がない。
それは多分、健常者には理解が及ばないエリアです(必死こいて頑張ってても、サボってるようにしか見えない感じ)。

次に、ポリシーとして家庭を最優先。
ダンスの練習で疲れて家事できないとかナシにしたいので、無理はできない。
普通のサラリーマンの夫と生活がすれ違うのも嫌なので、平日夜や土日はできるだけ家にいるようにしたい。365日欠かさずとは言わないけど(実際、女子会とかパーティーとか旅行とかは行くけど)気持ちとしてはそうありたい。

私のダンスの優先順位は、自分の健康と、家庭の下。他の趣味もある。
何もかもに優先してダンスに没頭する彼とは、温度差を感じました。
だからはっきりと、自分の状況を説明しました。
私は頑張ってもやれることには体力的物理的に限界があるし、誰かと競って勝ちたいという欲も特段ないので、あなたには物足りないと思う、と。

それでもいいよ、僕が頑張るから!
と押してくる彼に、じゃあとりあえず一緒に練習してみて、違うなと思ったら遠慮なく言ってと私は伝えました。

それから数ヶ月、ある日、仕事が忙しくて練習に行けないという連絡が来たきり、連絡が途絶えました。

まあね、仕事なら、そういうときもあるでしょう。
でも、じゃあ、いついつ頃になったら仕事も落ち着くとか、練習できるようになったら連絡するから待ってとか、練習日時を変えたいとか、何か一言あるのが普通じゃないですかね?

私、ぴんときましたよ。
ああ、もっといい条件の相手が現れたんだろうなあって。
私は、前々から、お互いの温度差を感じていたし、彼が無理して私のペースに合わせているのを心苦しくも感じていたので、それは別にいいんです。
むしろ、やる気とセンスとルックスが揃っている彼に、ちゃんと釣り合う実力と頑張れる環境があるパートナーが現れたなら、祝福するし、応援したいです。

ただ……それなら、ちゃんとそう言えよ、とは思う。
礼儀として。
こういう事情であなたとは合わないからセパレートしたいと、普通に言ってくれたらすむお話ですよ。私は最初から、そう伝えていたのだから。

私、恋愛でも大嫌いなんですよ、自然消滅って。
それやる人、卑怯だと思うし、失礼なやっちゃなあと思います。
ダンスパートナーを探すのは、結婚より難しいって至言だと思うけど、結婚のような責任は絶対伴わないんですから、慰謝料請求したり、調停に持ち込んだり、絶対別れない!と泣きわめいたりしないですから、たかがアマチュアの趣味なんですから、人として、友人として、普通に筋を通しましょうよ。
そうすれば、これからも貴重な同世代のダンス仲間でいられたのに。

残念だよ。
本当に残念だよ…。(このネタわかる人、堤真一ファン(笑))

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
スポンサーサイト

プロフィール

すう

Author:すう
2012年夏から体調悪化を自覚するも、無視して仕事を続けた結果、やがて仕事へのやる気を失い、2014年5月発作的に退職。
2015年2月、それらの行動の原因が、上司からのパワハラ、セクハラを主原因とする「うつ病」だったことが判明しました(気づくの遅すぎ)。
アラフォー女の発病から社会復帰までの記録です。

カウンター

ランキング