FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラフォー的ダンス価値観3

低気圧にすっかりやられています。すうです、こんにちは。

前回のつづき。

(5)競技
これは向き不向きがあると思うのですが、アラフォー世代で一番の難関は、釣り合う相手が見つからないことです。
ただでさえ、性格とか、ダンス歴とか、身長とか、相性とか、必須要素がいろいろあるのに、同世代がほぼいない。
そして、この年代は、だいたい仕事と子育てで忙しく、練習時間を合わせることもままならないという問題もあります。
物理的にも心理的にも、他の年代に比べて、大変にハードルが高いです。

(6)ダンスパブ とか
私、東宝のダンスホールにしか行ったことないので、よくわかりません。
それも、サークルのイベントで行っだけで、、踊ったのはサークルの人と、サークルで手配してくれたプロだけだったので……生バンドで踊るのはそれなりに楽しかったなあくらいの感想しかないです。
でも、ひとりであそこに行こうとは思わないなあ。お客さんのマナーは、体育館より良さそうだったけど、浮いてる感が半端なかったです。
それって、単純な年齢層の違いの問題だけじゃなくて、私がこういう遊び方を知らない世代だからだと思います。
踊れるとか踊れない以前に、ダンス(社交ダンスに限らずね)が日常の娯楽だった時代を知らないから。
若かりし日、バニーガールを観たときのような居心地の悪さを感じました。

(7)クルーズ
結局、ここに戻ってくる(笑)
クルーズのダンスホールは、狭いけど、ちゃんと生バンドが入ります。
クルーズは、乗ってる間中、非日常なので、不思議なことに東宝のような居心地の悪さは感じません。
非日常にひたってなんぼ、みたいな(笑)
そして、プロの先生やアテンダントさん、船員さんがお相手してくれるので安心です。みんなが上手いわけではないけれど、ホスピタリティに溢れているので、どんなレベルの人でも楽しめます。
普段着にスニーカーで、好奇心で覗きに来ただけですって人も、ちゃんと受け入れて楽しませてくれますからね。
一般男性も、マナーのなってない変な人はまずいません。
船の中って、乗ってる間は妙な連帯感が生まれるので、お客さん同士、仲良くもなれます。基本、いい人が多くて、共通の話題がダンスだけじゃなく、クルーズ全般に渡るので、自然、ダンスの腕前を競い合う雰囲気もなくなります。
初心者が多いと、みんなでマンボやりましょーみたいな感じになったり。

というわけで、私の一番のオススメは、やっぱり結局クルーズなんですけど、なかなかメジャーにはなりきれないですよね。
現役世代の場合、時間的にも金銭的にと、多くて年に2、3回しか乗れないですしね。

こうやって並べてみると、ほんと、楽しく気軽に遊べる場所、ないですね。

ただ、個人的に思うのですが、私世代の女性をダンス界に取り込めるかどうかは、たったひとつのことが改善されるだけで、大きく変わるんじゃないでしょうか。

それは……

男性が紳士になること(笑)

年齢とか外見とかどうでもいいんですよ。もうこの際、レディーファーストとか、エスコートの真髄まで考えなくてもいいです。ただ清潔な格好して、最低限のマナーを守って、セクハラをやめてくれればいいんです。
でも日本人のおじさんたち(一定年齢以上の人たち)は、その最低限を学んできてない人が多すぎます。
特に、年下の女性には、上から目線で扱って当然と信じている人に言いたい。

ダンスフロアは会社じゃありません。

発言も含めて女性を不快にさせるおじさん。
自覚ないかもしれませんが、それはセクハラです。ペアダンスだからといって、そのハードルが下がるわけではないことは認識しましょう。

もうほんと、多くの紳士には申し訳ないですけども、不埒な一部の男性が、せっかくダンスに興味を持った若い女性を逃しているんだと思いますよ。
その結果、女性はプロに群がるんじゃないでしょうか。
決して、ダンス技術の巧拙だけの問題じゃないと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
スポンサーサイト

プロフィール

すう

Author:すう
2012年夏から体調悪化を自覚するも、無視して仕事を続けた結果、やがて仕事へのやる気を失い、2014年5月発作的に退職。
2015年2月、それらの行動の原因が、上司からのパワハラ、セクハラを主原因とする「うつ病」だったことが判明しました(気づくの遅すぎ)。
アラフォー女の発病から社会復帰までの記録です。

カウンター

ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。