FC2ブログ

記事一覧

不安定

すうです、こんにちは。

これは経験した人にしわからない感覚だと思うのですが、うつ病って、体調や気分の波が大きくて、ひどいときには数時間単位で変動します。
朝は起き上がれないくらいの状態なのに、夕方にはランニングできてるとか、ざらにあります。
その変動の振れ幅が少しずつ少しずつ小さくなっていくのが回復の過程です。

私は、毎日がスリル満点のジェットコースター状態だったかつての自分と比較すると、格段に状態は安定しました。
元々テンション低めなので自分でもわかりにくいですが、自分なりにマシな水準で推移しています。
ただ、ここ最近の記事のとおり、私は断薬に失敗して落とした調子を再服用で戻し中(薬の血中濃度が安定するまで2週間くらいかかる)なので、今は少し不安定です。

他人には、多分わからない程度の波だと思うのですが、本人的には結構きついです。
なにしろ、その日の朝にならなければその日の体調がわからず、朝良くても午後は駄目だったり、その逆だったりするので、心身共に疲労します。
人格も変わります。

いつもは気にならないダンスの先生の言動にものすごく苛立って、ちょっと言い返してしまったりしました。
別に間違ったことは言ってないと思うけど、明らかに言葉が足りなくて意図が伝わってないと思うし、普段穏やか(な外面)の私が強い口調で物申したので、先生はびっくりしたと思う。
理不尽にキレたわけじゃないけど、ちゃんと伝える努力を怠ったのは私が悪いです。
こういう場面で、我慢したり(それがいいことかは別として)、穏やかに言葉を選んで理路整然と説明できないところが、ビョーキだなと感じて落ち込みました。
なんでも病気のせいにしてるみたいにきこえるかもしれませんが、病前はできていたことなので、本来の私ではないんです多分。

そんなこんなで、落ち込んでいたところにパーティーのお誘いを受けたので、困った私、その日、元気かどうかわからないんですよね…と伝えました。
人がいっぱいいて、否応にも触れ合わなきゃいけない(社交ダンスのパーティーだからね…)場所なんて、調子悪いときは絶対無理ですもん。

でもねー前にも書きましたが、この世界、平均年齢が実社会の20歳くらい上なので、アラフォーの私が、そのときにならないと体調が……とか呟いても、鼻で笑われるんですよ(笑)
私が体調良くないと知ってる先生も、高齢の方のそれは真面目に受け止めるけど、私のは全然深刻には受け取ってないよね。病名は言ってないから仕方ないけど…病名言ってもわかりませんよね普通の人には。
お酒でも飲んで発散すれば元気になるんじゃないのーとか言われます。
あ、別にそれが悪いとか嫌だとかじゃなくて(そういうのはもうとっくにクリアしました)、事実としてという意味です。

先生が手持ちの生徒を参加させることが、教室内でのなにかの評価や報酬に繋がるのかは知りませんが、こちらも人間だから、なんとなく義理は感じるんですよね。
それはそれで、生きてく上で必要な人間関係(私の場合、社会復帰のリハビリ)だと思うことにします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
スポンサーサイト

プロフィール

すう

Author:すう
2012年夏から体調悪化を自覚するも、無視して仕事を続けた結果、やがて仕事へのやる気を失い、2014年5月発作的に退職。
2015年2月、それらの行動の原因が、上司からのパワハラ、セクハラを主原因とする「うつ病」だったことが判明しました(気づくの遅すぎ)。
アラフォー女の発病から社会復帰までの記録です。

カウンター

ランキング