FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者が踊りやすい人

ヨガに行けるくらいまでには、体調戻りました。気持ちはちょっとまだ落ち気味だけど、なんとか頑張ってるすうです、こんにちは。

前の記事で、ダンスにおける男女の関係は、指揮者と演奏者だ、と勝手な解釈を書きました。
私は、とりたててリズム感に自信があるわけではないのだけど、一応、子供の頃から最近まで(身体を壊すまで)何かしら楽器をやっていたので、ほとんど音楽に触れてきませんでした、という男性よりは、まあ、ましなんじゃないかと思います、僭越ながら…。

で、とっても困るのは、私が初心者だとわかった途端、口でカウントをとり始める男性です。
うん、親切心でやってくれてることはわかるんですよ。その気持ちはありがたいと思う。
でも、そういう人のカウントは、たいていズレてます…。
だって、先生たちはこともなげにやるけど、一般人が口で正しくカウントとりながら踊るって、結構難しいと思います。
人間の脳は、そこまでいろんなことを別々にはできないので、その人のステップがちょっとでもずれると、口から出るカウントもズレますから……。

タクトが振られるタイミングになんとか合わせようとしているときに、マエストロに口でカウントされてしまうと……演奏者としては、そのリズムのズレが気になりすぎて、もうどうしていいやらわからなくなるのです。そして、さらにズレが大きくなるという、悪循環にはまります。

ちなみに、リズムが正確な男性は、そういうことはあまりしません。
以前、サークルでクイックステップをやったとき、周囲を見たら、私たちの組だけズレてて、あれ? なんで? と思いながら踊ってたのですが、先生には、あなたたちが正しい(他の人みんながズレてる)と言われました。
ひとえにこのときの男性が上手だったからなんですが、彼は、
「よかったー。僕らが合ってたんだよ!」
と言いました。
「僕が」じゃなくて、「僕らが」って言ってくれたのが嬉しかったな。
一緒に踊って楽しい人って、そういう気づかいがさらっとできる人だと思います。
カウントとってあげるとか、ステップ教えてあげるとかより、どんなにレベルが違っても、一緒に踊ってるんだよって気持ちを見せてくれる人。

そういう人と踊ると、ダンスっていいな、この人に迷惑かけないようにうまくなろうって思えるんです。

なんかまた偉そうなこと言っちゃった……。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
スポンサーサイト

プロフィール

すう

Author:すう
2012年夏から体調悪化を自覚するも、無視して仕事を続けた結果、やがて仕事へのやる気を失い、2014年5月発作的に退職。
2015年2月、それらの行動の原因が、上司からのパワハラ、セクハラを主原因とする「うつ病」だったことが判明しました(気づくの遅すぎ)。
アラフォー女の発病から社会復帰までの記録です。

カウンター

ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。