FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンスシューズ選び

今朝は午前2時に起きてしまい、そのまま眠れなかったすうです、こんにちは。
早朝覚醒(不眠症の一種)なのはわかってるけど、早朝すぎる……。

私の足は、幅がかなり狭くて甲が低いです。幅広甲高が多い日本人の標準規格からは大きく外れています。
日本の靴は当然日本人の標準サイズを目安に作られているので、たいていの靴が足に会いません。
特にパンプスは、甲で止まってくれないので、足が前滑りしてしまいます。
だから基本、ネックベルト付きの靴しか履きません。
ネックで無理やり止めて履くので、どんな靴を履いてもすごく足が疲れてしまい、特に高いヒールや、ピンヒールは避けてきました。

ダンスを始めるにあたってまず困ったのがこの問題でした。
社交ダンスシューズって、スポーツにあるまじきピンヒールなんですもん……。
案の定、私の足に合うシューズはなかなか見つからず、いろんな靴屋さんに足を運びました(試着せずにネットで買うとか絶対無理)。
ケント、セキネ、モニシャン、タカダンス……ダンスシューズの有名店にはだいたい行きましたね。
スーパーダンス等の海外製品も試しました。
どのお店でも、靴のスペシャリストが採寸してくれて、一番合うシューズを選んでくれたけど、幅や甲部分がどうしても浮いてしまうし、サイズを下げると爪先が痛いし、なかなか合うものには巡り会えませんでした。
足に合わせて細かく調整してくれるケントでも、ダメでした。足幅はともかく、甲の低さを補う調整ってかなり困難だと知りました。

最終的に私が落ち着いたのは、チャコットのネックベルト付スタンダードシューズです。
足幅はまあまあ、甲部分は相変わらず浮いてるけど他よりまし。ダンスシューズには珍しく、ネックベルトがネックをかなりしっかり固定してくれる。
そこそこ締めつけ感はあるけど、足は痛くならない。
既製品の中では、よく見つかったなというレベルです。
これが生産中止になったら、履ける靴がなくなっちゃうなあ……。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
スポンサーサイト

プロフィール

すう

Author:すう
2012年夏から体調悪化を自覚するも、無視して仕事を続けた結果、やがて仕事へのやる気を失い、2014年5月発作的に退職。
2015年2月、それらの行動の原因が、上司からのパワハラ、セクハラを主原因とする「うつ病」だったことが判明しました(気づくの遅すぎ)。
アラフォー女の発病から社会復帰までの記録です。

カウンター

ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。