FC2ブログ

記事一覧

パーティーは戦場?

今日はうさぎさんの日(仲秋の名月)ですね。完全オフ日のすうです、こんにちは。

まだまだ、1日1用事しかできないくらいの体力なのに、根が回遊魚の私はいろいろ予定を入れてしまうので、意識的に完全休日を作るようにしています。
目指せ週休2日。

私のバイト先(ダンススタジオ)では、月1でスタジオパーティーがあります。
スタジオといっても、先生が10人以上いる大きな教室なので、パーティー参加者も50人を超える結構な規模。
普段のレッスンの生徒さんは1日80人くらいで、なんと男性の方が多いのですが、パーティーになると、女性の参加率が圧倒的に高いです。

みなさんのお目当は、先生とのトライアル。
1曲1500円と激安なので、全種目踊るツワモノもおられます。
みんな、私より年上なのに、体力あるなあ……。私もあんなに元気なオトナになりたい。

それはともかく、先生と踊りたい女性の気持ちは、私もよくわかります。
やっぱりプロは、すごく上手にリードしてくれるので、踊ってて気持ちいいですもんね。
でも、初心者の私は、目の前で繰り広げられる先生争奪戦に、茫然とすることも多々あります。
私は受付をやっているので、なんで○○先生は空いてないの? と、理不尽な苦情を言われることもあるし(単に早い者勝ちですから…)、ずっと共学で、職場も男女比7対3くらいの世界で生きてきた私は、この、女同士の熾烈な競争には勝てない、というか参戦すら尻込みするな……と思ってしまいます。女性が少ない世界では、女子同士は競い合わずに結束するのが本能ですから。
基本、私は人に見られたいとか、誰かと競い合って勝ちたいというマインドはなくて、ただただ楽しく踊りたいだけなのです。もちろんできるだけ上手に、正確に、きれいにを目指しているけど、あくまでも自己満足の世界です。もうちょっと上手くなったら意識が変わるのかもしれないけど。

そんな、競争からあぶれる系の人(はこのパーティーにはそもそも来ないのだけど)は、アマチュアアテンダントさんがお相手してくれます。
ですが、私の場合、これもくせ者でして。
いつもではないけれど、パーティーのアテンダントは学生バイトが多いです。
私、前職で15年以上学生さんと関わる仕事をしていたので、学生のことを、子供のように考える感覚が抜けません。あるいは、言い方は悪いですが、商品。
もちろん、商品に手をつけるのはご法度だったので、学生さんにお相手してもらうなんて、まるで子供や商品に手をつけているような罪悪感に襲われてしまうのです……。
自分の教室のパーティーとか船上のアテンダントさんは、どうかおじさんでありますように……といつも祈ってます(笑)

ダンスをやる女性たちのバイタリティはとても羨ましいけれど、どうしても一歩後ずさりしてしまう、相変わらずのヘタレなすうなのでした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
スポンサーサイト

プロフィール

すう

Author:すう
2012年夏から体調悪化を自覚するも、無視して仕事を続けた結果、やがて仕事へのやる気を失い、2014年5月発作的に退職。
2015年2月、それらの行動の原因が、上司からのパワハラ、セクハラを主原因とする「うつ病」だったことが判明しました(気づくの遅すぎ)。
アラフォー女の発病から社会復帰までの記録です。

カウンター

ランキング