FC2ブログ

記事一覧

社交ダンスに再チャレンジしてみたものの

相変わらず睡眠障害には悩まされてますが、昨日よりだいぶ復調してきました。すうです、こんにちは。

初めての社交ダンス体験レッスンで懲りてから数年後、会社の飲み会で、学連経験者と知り合いました。
知り合ったといっても同じ会社の先輩なんですけど、そのとき私は社外に出向していたので、会社の人といえば、飲み会でしか会わなくて、知らない人だらけだったんですよね。
そこで、私が体験レッスンで脱落した話をしたら、興味あるなら今度、ダンスホール行ってみる?という話になり、後日、仕事帰りに連れて行ってもらいました。
私としてはあんまり深く考えていなくて、興味本位という感じで。

たしか、東宝のダンスホールでした。
いやもう、なんていうか衝撃でしたね。
なんのパーティーでも、ハロウィンでもないのに、キラッキラのドレスを着た女性たちに、生バンド。Shall We ダンス? の世界って現実にあるんだ…という感じ。
ホールの片隅で先輩にワルツを教えてもらったものの、相変わらず、右足の次に左足を出せない超絶運動音痴の私。
その上、おそろしく方向音痴なので、くるくる方向を変えるワルツは、いったい自分がどこへ向かっているのかもわからない状態でした。
ちなみにちゃんと習い始めてからも、ワルツの方向感覚を理解するのには、ものすごく苦労しました…。

教えてくれたのが同年輩の先輩だったので気楽といえば気楽でしたが、ダンスの方は、さっぱりちんぷんかんぷんに終わったダンスホール初体験。
先輩とのダンスレッスンはそれ1回きりで終わりました。
それは、自分のセンスのなさに絶望した…わけではなくて、妻子持ちの先輩の下心を感じて嫌気がさしたからです(苦笑)

当時、私は30代前半、独身。
何故だかいまだにわかりませんが、既婚者に異常にモテました(笑)
私、このブログを読んでいただけばおわかりでしょうが、生真面目で理屈っぽくて頑固でプライド高いです。多分、外見もそんな感じです。当時の部署柄、常にダークスーツという色気も女子力も皆無な服装(そもそも、元々、どっちもない)。気楽に遊べそうな感じには見えないと思うんですけど…なんでてすかね。結局、最後の上司(妻子持ち)にも散々セクハラされたしね…。
それはともかく、当時、真面目でプライドの高い私は、そういう既婚男性たちに心底嫌気がさしていたので、その先輩に対しても、「お前もか」と思ってしまったんですね。
2度目の誘いは、もうダンスに興味がなくなったと言って断わってしまいました。

今思えば…その辺は適当にスルーして、タダで教えてもらえばよかったかな、と思わなくも、ないですが(笑)、ダンスは初心者こそ、プロにちゃんと習った方がいい、というのも今ならわかるので、正しい判断だったかもしれません。
ダンスのレッスン代って、一般人の感覚からするとぶっちゃけべらぼうに高いですが、高いお金を払うということは…それなりに意味があるのも理解できます。今なら。
うん、セクハラ問題も含めて、素人に教えてもらうっていうのは、オススメできませんね。

というわけで、私の2度目の社交ダンスチャレンジもあえなく撃沈。
世の中のダンスブームはすっかり忘れ去られ、私は、なんとなーく憧れを抱いたまま、行動には移さずアラフォーになり、いろいろあってうつ病になって結婚して仕事をやめました(その辺はこのブログを最初から読んでいただくとわかります)。

そんな私が、ダンス業界に足を踏み入れるきっかけは、あるとき突然やってきました。
それが、新婚旅行で行った豪華客船によるクルーズ旅行でした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
スポンサーサイト

プロフィール

すう

Author:すう
2012年夏から体調悪化を自覚するも、無視して仕事を続けた結果、やがて仕事へのやる気を失い、2014年5月発作的に退職。
2015年2月、それらの行動の原因が、上司からのパワハラ、セクハラを主原因とする「うつ病」だったことが判明しました(気づくの遅すぎ)。
アラフォー女の発病から社会復帰までの記録です。

カウンター

ランキング