FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ、新装オープンします

大変ご無沙汰しております。すうです、こんにちは。

さて、前回のやさぐれ記事から3ヶ月。
わたし、すうは、社会復帰、は不完全ですが、そこそこ元気になりました。

元気になったきっかけはふたつあって、ひとつは子供の頃からの夢に再挑戦し始めたこと。
もうひとつは、社交ダンスという趣味ができたこと、かな。
ひとつ目については、そのうち書く気が起きたら書きます(笑)
ふたつ目のダンスについて。元々は、夫婦の趣味であるクルーズ旅行で踊れるようになるために習い始めたのですが、私、すっかりその魅力にはまってしまいました。
現在、近くの教室で週2回、遠くの教室で隔週1回の個人レッスンを受けています。2つの教室に通っている理由はおいおい…。

で、そろそろ社会復帰したいな、でもフルタイムはまだ難しいのかな・・・と思っていたところに舞い込んできたのが、ダンス教室の受付のバイトでした(自分が習っている教室ではない)。
結局のところ、なんの仕事をしても私はうじうじネガティブに悩んで落ち込むので、これまで十数年やってきた仕事とはまったく無関係の業種に就くのも手なのかな、と思って、リハビリのつもりでその仕事を始めました。
仕事については可もなく不可もなくという感じですが、一応さほどのストレスなく続けられていて、現在は週2日、バイト中です。
つまり週4日~5日はダンスに関係した何かをやっているわけですね。

アラフォーにして足を踏み入れた社交ダンスの世界は、はっきり言って異世界でした。
クルーズもまあまあ異世界だけど、ダンス業界、本当に目が点になることばかりです。

競技ダンスの場合はまた別ですが、社交ダンスの平均年齢は多分、60歳以上です。
ど素人な上に、この業界では突出して若い(扱いを受ける)私は、正直ものすごく浮いてる存在なわけですが、超絶ネガティブうつ病体質の私にとって、それはそこそこ居心地のいい場所でもあることに気づきました。
他の多くの人たちと立っている土俵が元から違いすぎるので、周囲の眼を気にしなくていいのです。
若いね、初心者なんだね、というだけで、いろいろスルーしてもらえます。
ぶっちゃけお金持ちのリタイア世代が大半なので、まともに働けていないことも、そのくせ昼間っから習い事に通ってることも、別に違和感なく受け入れてもらえるし、親子ほども年が離れているので基本的にみんなにやさしくしてもらえます。
非日常で、現実と向き合わずに済む楽な人間関係は、クルーズの魅力と近いものがありますね。
その上、運動にもなるし、姿勢矯正にもなる。世間的には立派なミドルなのに、とにかく若いと言ってもらえる(笑)
そりゃあ人間がからむ以上、嫌なこともそれなりにあるけど(その話も、まあおいおい…)、今の私にとってはメリットの方が大きい気がします。

病気で失ったキャリアにまだまだ未練はあるけれど、私は最近、ようやく、まあこういう生き方もありかな、と少しだけ思えるようになりました。
それは多分、家の中でひたすら自分とばかり向き合い、過去を悔やみ、未来の不安に怯えてばかりいた私が、他の世界に目を向けることができるようになったからだと思います。
もちろん一足飛びにそうなったわけではなくて、ダンスを始めた当初は、平日昼間にレッスンへ行くことにすごく罪悪感を感じていました。
先生や、周囲の人って、私のことどう思ってるんだろう。働くのが嫌いなナマケモノとか思われてんじゃないかな、とかひたすらネガティブに考えていましたね。
でも、レッスンやパーティーでいろいろな人と知り合ううちに、みんな、他人の事情にそんなに興味ないんだなと思えるようになりました。よく考えれば、私もないしね(笑)

というわけで、いまだに心療内科通院中、睡眠剤がなければ眠れない睡眠障害付うつ病ばりばり現役続行中のすうですが、これからは、病気関連だけじゃない記事も書いていけたらいいなと思います。今までより、ちょっと気楽な感じで。
超初心者からみたダンス業界、ネタが豊富すぎるよ(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ


スポンサーサイト

プロフィール

すう

Author:すう
2012年夏から体調悪化を自覚するも、無視して仕事を続けた結果、やがて仕事へのやる気を失い、2014年5月発作的に退職。
2015年2月、それらの行動の原因が、上司からのパワハラ、セクハラを主原因とする「うつ病」だったことが判明しました(気づくの遅すぎ)。
アラフォー女の発病から社会復帰までの記録です。

カウンター

ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。